イームズの黒いロッキングチェア – miméyosi
イームズの黒いロッキングチェア

イームズの黒いロッキングチェア

ロッキングチェアが部屋にあると、何というかちょっとリラックスした雰囲気になります。例えばモノトーンでまとめた部屋はおしゃれですがコントラストが強い部屋は刺激的である反面、ちょっと堅い感じにもなってしまうので遊び心のあるアイテムを合わせて、ちょっと柔らかい感じを付け加えるといいでしょう。フォルムの可愛らしい、イームズのロッキングチェアがよく似合います。

***




モノトーンというと白がベースになっているカラーリングの方が多いですね。この部屋でいうとクッションとイームズは大きな面積の黒いボリューム。テーブルとスタンドは線の細い黒のアイテム。
真っ白な中にボリュームの違う黒を散りばめてバランスよくまとめています。






黒はとても強い色なので、アクセント程度に使った方が成功しやすいのと、適度に散らばって分布させてある方が綺麗です。手前のテーブルと、ロッキングチェア、奥のポスターフレームという形で黒が分散させて配置してあります。






ポツンと置いてあっても絵になるのがこの椅子のいいところ。ちょっとコミカルなキャラクターが場を和ませています。






ポップなキャラクターがポップなポスターによく合います。テーブルの上のスカルみたいなアイテムとの組み合わせも面白いですね。






白いソファと対比をなす黒いロッキングチェア。
ちゃんとソファとの仲間関係を表現するためソファの方に黒いクッションを置いてあるのがポイントです。






安楽椅子と、ビーズクッションとの組み合わせ。
奥のソファに対して「ユルい」家具との組み合わせをする事でカジュアルさを演出しています。柔らかさを強調するために、センターテーブルが丸いものをチョイスしているのもいいですね。






リラックス感が求められる寝室に置くのもいいアイデアです。この部屋は扉が黒っぽいことで部屋の中にある黒いアイテムが違和感なく存在しています。
ここもチェアだけでなく、スタンドランプにも黒いものをコーディネートしているところがいいですね。






手前の丸テーブルと、奥の細長い棚や丸いミラーなど形のはっきりしたものと組み合わせることで、抽象的な絵画のようなシーンを作り出しています。






脚が木製なので、ナチュラルな木のアイテムにもうまく合わせる事ができます。
座の部分の黒と、暖炉やスタンドの黒。ロッキングチェアの脚と壁に立てかけた梯子の間で関係を作りながらまとめられています。
脚のフレーム部分はクロームメッキの細い金属製なので、暖炉の上のデコレーションはシルバーがあしらわれています。芸が細かいですね。






ちょっとディフォルメされた、コミカルなアイテムとも相性抜群です。木のようなウォールフックと鳥小屋のようなクロックとの組み合わせが童話のようなストーリー性を感じさせてくれます。
ちょっと遊びのあるチョイスでも、大人っぽさもちゃんと感じられるところがこのロッキングチェアの素晴らしいところです。




***


イームズの椅子はカジュアルさとポップさがありながらもモダンでスタイリッシュな空間にもよく似合う懐の広さが特徴的で、様々なスタイルの空間に置かれているのを見る事ができます。
特に黒いロッキングチェアはモノトーンの空間との組み合わせがオススメです。




ハーマンミラー社正規ライセンス品:オリジナルを出来るだけ忠実に再現した再生産品です。


shop this look

shop this look
リプロダクト品:著作権の切れたデザインの模造品です。品質は正規ライセンス品に劣ります。出来は製造者によりまちまちです。シルエットや細部が若干異なる場合があります。


shop this look









shop this look


Back to Top